つくねの魅力

居酒屋のつくねは魅力的です。

つくねとは

つくねとは、鶏肉をはじめとする様々なお肉をすり身を、お団子や細長く伸ばして焼いた食べ物のことです。
お肉だけでなく、軟骨類や玉ねぎなどを入れているので、軟骨や玉ねぎの歯触りが病みつきになっている人も多く、居酒屋ではエース的存在です。
飲酒欲を延ばすために、チーズを入れたりキムチを入れたりと様々な工夫がなされていますが、今回はその魅力や様々な豆知識を説明して、居酒屋で楽しんでほしいと思います。

つくねとつみれの違いとその魅力について

よく似ているものにつみれがあるのですが、これは魚の切り身を使って作っているという話があります。
しかしそれは間違いで、実は作り方に大きな違いがあります。
手をこねて団子状に丸めたものがつくねで、つみれは丸めずにスプーンですくって、そのまま積みいれて鍋や煮汁に入れるからつみれというところに大きな違いがあります。
そうなりますと、棒状のものがあるという批判が出そうですが、簡単な棒状ではなく団子状に近い形なので問題はないという結論が出ています。
ですから、豚肉や鶏肉で作ったつみれもありますし、逆もしかりなのです。
その魅力はやはり、うまみを心底味わえるという事です。
新鮮でおいしい鶏肉等を最高に凝縮して焼いて、うまみを逃がさないわけです。
かじったときのおいしさは格別で、うまみをじっくり味わい尽くすことができます。
犬が骨をかじり続けることがありますが、中に入っている軟骨を味わい続けるのはまさに犬が骨に群がる理由がよくわかるそんな魅力です。
そしてたれを無駄に使わなければ基本的ヘルシーで、胃もたれしにくいのでお酒のつまみにも万全なのもうれしい所です。
だからこそ居酒屋で、必ず扱っているわけです。

居酒屋でいろいろなつくねに会おう

居酒屋では様々なつくねを味わうことができます。
基本的なビールと日本酒が進むのがうれしいのですが、なんとワイン入りのものがあったりするので、ワインも合う用で、こうしたところでも大きな発見があるものです。
最初はシンプルに塩がついているものがよく、次にネギがぎっしりのものを食べるといいでしょう。
次に生卵をつけて食べると、まろやかでいいものです。
つくねはトッピングや焼き方だけでなく、使っているニワトリを自慢しているお店も多数あります。
そういった側面を考慮して、居酒屋を選ぶのもいいでしょう。
正統派のものを食べながら途中でちょっと変わったものを食べて、他のおつまみを回しながら最後は梅味のさっぱりしたものを食べると、楽しい飲み会収めができます。
つくねを楽しんでアルコールライフを満喫してください。

岡崎のおすすめ居酒屋はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です