なんこつ食べ尽くしのすすめ

居酒屋でなんこつを味わい尽くそう

なんこつとやげんの由来

居酒屋の焼き鳥は様々な物が販売されています。
レバーもそうですし、つくねなんかもその代表例でしょう。
しかしこういったものはあまり食べすぎますと、胃がもたれる事がありますから、ヘルシーなものを食べたりお酒を飲んだりして、うまく利用したほうがさらに楽しめるはずです。


なんこつも焼き鳥の一つですが、それは人気料理の一つとされています。
このなんこつの形はとても細長く三角形のような形をしています。
少々軽めで、串を3~4本で刺して焼いたものをテーブルに出します。
この名称の由来は、鶏の突起部分で胸骨の先端の比較的柔らかい部位で骨なのに柔らかめという意味から来ているわけですが、他にもいくつかの呼び方があります。
それがやげんという呼び方で、それはあるものの形に似ているからだとされます。
それが忍者や徳川家康などが良く薬を作っている機械でこれを薬研と言います。
薬研の形は、船形でまるでこの部位のような形をしていて、それだけでなく健康にいいという側面もあるからこの名前が付いたようです。
他にはげんこつと呼び方があって、これは胸ではなく膝の部分を指しています。
そのように、部位によっても若干の呼び方の違いがあるという事を知っておくことはとても重要です。

箱根ヶ崎の焼き鳥が美味しい宴会におすすめのお店はこちら!

特徴はどうか

特徴はいくつかありますが、軽いので空揚げ適しています。
空揚げにしたもの串にさして焼いているものもあります。
次に鶏のお肉なのに脂肪分はほとんど少なく、反対にタンパク質とカロリーが豊富なのが特徴です。
焼く前はとても白いのも特徴で、これは骨の部分が多いからと言われています。
しかしこんがりと焼きますと、黄色くなってとても食欲をそそる事になります。
ですから、ビールのおつまみを、するめにするよりもこちらの方がいいという方も結構いるようです。

その魅力

なんこつの魅力は、その食感です。
コリコリとして、味わいが深いのです。
この骨をしゃぶりつきたいがために、通っている人も多いようで食べごたえもあって満足感もあるのです。
また、焼き鳥という物はカロリーが気になるわけですが、とてもヘルシーで様々な栄養分があるのも強みです。
タンパク質やカルシウムが豊富ですから、少々食べてもビール腹を気にする事なんてありません。
こうした様々な居酒屋ではエースクラスの人気があるわけです。
それだけでなく、お店お店の味わいを楽しむ事が出来るのも、大きな魅力なんです。
自分にあったなんこつを探してみてはいかがですか。